大相撲 復活!!ブログ場所

大相撲七月夏場所
稀勢の里、琴奨菊、ダメじゃん!
白鵬、日馬富士どっちが勝つか!!

大相撲、この次のヒーローは誰?(・_・;?

琴光喜さんプロデュースのつけ麺専門店「麺屋 光喜」

大相撲野球賭博問題にて2010年7月10日に解雇された琴光喜が
今何をしているのか気になって調べてみました。


なんと琴光喜がプロデュースしたつけ麺専門店「麺屋 光喜」
(福岡市中央区大名1)がオープンしていました。


店舗面積は7坪。席数はカウンター7席。国産の外皮入り小麦と
タピオカを混ぜ込んだ太めの無添加自家製麺を使ったつけ麺専門店。
白を基調とした内装で、コアターゲットは20〜40代男女に据える。


スープは魚介和風だしの白湯スープで、つけ麺(800円)と
辛さがピリ辛から極辛の5段階から選べる「辛かつけ麺」(900円)
をそろえる。おいしそうですね。


味玉や納豆、軟骨豚肉煮込みなどを追加でトッピング(100円〜)
できるほか、麺の量が小結(200グラム)、関脇(250グラム)
大関(300グラム)、横綱(500グラム)、理事長(700グラム)
から選べるそうです。


大関まで無料で、横綱は追加200円、理事長は同400円。
つけ麺のほか、水ギョーザ(5個300円)などの一品料理もそろえる。
客単価は約1,000円。


営業時間は11時30分〜15時、17時〜21時。火曜定休。
ちょっと驚いたけど近くだったら行ってみたいと思いました。


千葉県柏市の78000円のアパートに奥さんと赤ちゃんと
住んでいるのを知った時はびっくりしましたが

生活を立て直したのは立派ですね。





<大相撲>初場所は把瑠都が優勝

大相撲ブログの更新がめっきり減り、忘れていた方も多いと思います。
が、辞めていません。


稀勢の里も琴奨菊に続いて大関になりましたね。
やはり日本人としては嬉しいものです。


きっと大相撲協会はホッとしているでしょう。


白鵬はちょっと意外でした。
千秋楽までは優勝を引き延ばしてほしいものです。


しかし終わったことなので言ってもしかたありません。
来場所は新たにふんどしを引き締めなおして


大相撲トーナメントの時のように
かっこよくぶん投げてください。


<大相撲>11月場所が始まりましたね

ずいぶんと久しぶりの更新になってしまいました。
大相撲は大好きなので観ていますが
私のヒーローがいないのがいまいちです。


白鵬は今年、記録をいくつか逃したが
それでも頑張れるのは強いマインドセットなんでしょうね。


琴奨菊と稀勢の里がちょっと遅くなったけど
やっぱり来たな!!と思いました。


日本人が頑張らないと相撲人気に大きく影響します。
それはやっぱり事実です。


外国人が頑張るのはもちろんいいんです。
でも日本の国技なのでお国びいきは仕方のないところです。


大相撲は初番はこんな感じです。
が、後半戦になってくるとすごくおもしろくなります。


11日目くらいからは今場所も楽しみです。



この度は鳴戸親方の突然の他界に謹んでお悔やみ申し上げます。
お疲れ様でございました。